川崎重工が急反発、前日までの3日間で19%急落し買い戻し

 川崎重工業<7012.T>が急反発、前日比17円高の359円まで上昇した。22日に年初来高値を付けてから前日までの3日間で19%の急落になっており、買い戻しが先行している。27日にラムソン合弁会社がベトナム油田開発プロジェクトに投入する浮体式生産貯蔵積出設備(FPSO)向け天然ガス圧縮機2基を出荷したと発表したことも支援材料になった。今回出荷した圧縮機は原油生産過程で石油から分離された随伴ガスをFPSOで昇圧、海底パイプラインで陸地へ圧送するためのもので、FPSOの石油・ガス生産設備を建設するシンガポールのグローバル・プロセス・システムズ社から12年5月に受注したもの。

川崎重工の株価は10時21分現在358円(△16円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)