三菱電機が反発、半導体事業黒字化観測を好感

 三菱電機<6503.T>が反発。28日付の日本経済新聞が「半導体事業が14年3月期に2期ぶりの営業黒字になる見通し」と報じたことが好感されている。ファクトリーオートメーション(FA)機器や白物家電向けを中心に電源制御に使うパワー半導体の需要が回復すると伝えている。16日につけた年初来高値1242円から前日の安値1003円まで19%強下落し、買い戻しが入りやすいタイミングにあった。

三菱電の株価は10時33分現在1046円(△32円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)