竹内製が反発、円安進行で買い戻し

 竹内製作所<6432.OS>が反発。株価は一時、前日比153円高の2350円まで買い進まれた。きょう前場取引時間中に円安が進行、朝方の1ドル=101円台攻防から、足もとは101円80銭近辺まで急速に円が売られており、これが手掛かり材料となって買い戻しを誘った。同社はミニショベルを主力に欧米での海外販売で高実績を擁し、輸出比率が9割超と際立って高いことが特徴だ。前2月期の業績を牽引した米国での建機販売は今期も好調が見込まれているほか、今期の社内設定レートは1ドル=90円、1ユーロ=120円であり、足もとの為替水準との比較から大幅な為替差益が創出される可能性も高い。

竹内製の株価は11時12分現在2233円(△36円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)