日伝が急反発、今3月期の2ケタ増益予想を改めて見直す

 日伝<9902.T>が急反発。27日には4月2日の2161円以来の安値水準である2147円まで下落していたことから、下げ過ぎによる押し目買いの動きとなっている。動力伝導機器に強みを持つ産業用部品・機器の大手専門商社で、ベアリングや直動機器が回復、今3月期は通期連結営業利益で38億3000万円(前期比16.9%増)を見込んでおり、業績面からも買い安心感が働く。

日伝の株価は11時15分現在2269円(△122円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)