大同信号が反発、インドでの地下鉄整備で期待感

 大同信号<6743.T>が反発。この日の読売新聞で29日に東京都内で行われるインドのシン首相との首脳会談で、インド西部ムンバイの地下鉄3号線整備計画(事業費約4450億円)に710億円の貸し付け(円借款)を表明することが報じられた。〝3大信号〟の一角で、列車制御装置などに強みを有する同社にも受注拡大期待が高まっている。

大同信号の株価は11時30分現在338円(△14円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)