ディップが4日ぶりの急反騰、日々公表銘柄指定の解除を好感

 ディップ<2379.T>が4日ぶりの急反騰となっている。東京証券取引所が27日付で同社株の日々公表銘柄指定を解除すると発表しており、売買の自由度が増すとの見方から買いが優勢となっているようだ。また、朝方の日本経済新聞速報で、事務系職種の人材派遣の時給が上がっていると報じられていることも手掛かりとなっているもよう。

ディップの株価は12時30分現在414円(△37円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)