<後場の注目銘柄>=洋鋼鈑、今期営業益68%増

 東洋鋼鈑<5453.T>の14年3月期連結業績は、売上高1195億円(前期比9.5%増)、営業利益50億円(同68.6%増)と大幅増益を予想。主力の鋼板は需要に対応した生産体制のスリム化を進める一方、海外市場開拓や光学用機能フィルムなど新規事業の拡大で収益改善を見込む。

 磁気ディスク用アルミ基板や光学フィルムが伸長するほか、原材料高を価格転嫁でカバーする。さらに、15年度を最終年度とする中期経営計画を策定、既存事業の再構築、グローバル展開などにより売上高1230億円(今期計画比2.9%増)、営業利益70億円(同40%増)を目指す。株価は、330円水準まで調整をみせ、PERは9倍台と割安水準。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)