スクリーンが反発、前日の急落後で買い戻し優勢

 大日本スクリーン製造<7735.T>が反発、一時前日比30円高の593円まで上昇した。前日に50円安と急落したことから買い戻しが入っており、外国為替市場で円がドル、ユーロに対して弱含んでいることも安心感を誘っている。今14年3月期は営業から最終段階まで黒字転換を見込み、年間3円の復配を計画。実態好転に加え、需給整理が進んでいることからも押し目買いが優勢になったもよう。

大日本スクリーンの株価は13時20分現在576円(△13円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)