<動意株・28日>(大引け)=イーグル、村田製、エイチームなど

 イーグル工業<6486.T>=6日ぶり急反発。NOK系で自動車向け中心にメカニカルシールで業界トップシェアを誇るが、収益回復トレンドが鮮明であり、最終利益段階で5割増益となった前3月期に続き、14年3月期も15.5%増益となる52億円が見込まれている。中国景気の減速懸念が株価の上値押さえ要因となっていたが、売り物はこなれてきており、テクニカル的には25日移動平均線との接触を待ってリバウンドに転じた。

 村田製作所<6981.OS>=急反発。前日まで3日続落し14%を上回る下落になっていたことで、相場全体の地合い好転に伴い、押し目買い意欲が急速に強まった。LTE端末の本格的な立ち上がりやタブレット端末の普及、電子部品需要の増加と買収したルネサスエレクトロニクスのパワーアンプ事業などの貢献により、今3月期は営業利益71%の大幅増益を見込み、年間配当を前期の100円から120円への増配を予定。

 エイチーム<3662.T>=急反発。新興市場でソーシャルゲーム関連が買い戻されてきたことから、東証1部では同社も3000円トビ台を底に出直る動きとなっている。今夏には、世界的な大ヒットになった「ダークサマナー」の続編的な最新作として「ダークラビリンス」をリリースする予定で、ラルクアンシエルのHYDE氏とのコラボ効果などからも大ヒットが期待されている。

 日精樹脂工業<6293.T>=3日続伸。値動きの軽さから「買い主体に個人投資家の買いが観測される」(中堅証券営業体)状況にある。北米やアジアの自動車販売の好調を背景に射出成型機の需要が大きく伸びている。13年3月期の最終利益は18億円と実に15年ぶりの過去最高利益の更新を実現したが、14年3月期の業績見通しについて会社側は13億円とかなり保守的。

 アイフィスジャパン<7833.T>=ストップ高。27日に、ファンドなどの投資性商品に関する営業支援を目的とした「ファンドデータアプリ」と、住宅ローンや資産運用などの金融商品に関する販売支援を目的とした「ライフプランシミュレーションアプリ」の、2つのタブレット用アプリケーションの提供を開始したことを発表。金融機関では、顧客とのコミュニケーションツールとして、タブレット端末の導入が急激に進んでいることに対応するもので、「ファンドデータアプリ」では新規投資を考える顧客へのスムーズなアプローチや提案が可能となっている。

 レーザーテック<6920.T>=急反騰。27日の取引終了後、6月30日時点の株主に対して1対2株の株式分割を実施すると発表した。株式の流動性を高めて、投資家により投資しやすい環境を整えるとともに、投資家層の拡大を図ることが目的という。効力発生日は7月1日。
 
※未確認情報が含まれる場合があります。株式の売買は自己責任に基づいて、ご自身でご判断ください。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)