今夜の注目材料は?

今夜の注目材料は? 
東京市場のドル/円相場は昨日の高値101.30円を超えたところから上昇に拍車がかかり、欧州市場序盤には102.20円前後まで上昇しています。このままさらに上値を伸ばすのか、それともサイド101円台へ逆戻りするのか、このあとの展開について、予定されている経済イベントから考えて見ましょう。

5/28(火)
18:00  (伊) 国債入札
18:30  (南ア) 第1四半期GDP
21:00☆(ユーロ圏) アスムッセンECB理事、講演
22:00☆(米) 3月S&P/ケース・シラー住宅価格指数
23:00☆(米) 5月リッチモンド連銀製造業指数
23:00☆(米) 5月消費者信頼感指数
26:00  (米) 2年債(350億ドル)入札
26:00  (英) タッカーBOE副総裁、講演
※☆は特に注目の材料

米国の主要経済指標が立て続けに発表されます。市場予想よりも良好な結果が続けば、さらにドル/円は上値を伸ばす公算が大きいです。上昇した場合、まずは5月24日の高値102.57円を突破できるかがポイントになります。ここを抜けると103.00円をさらに試す流れになりそうです。