【売り】亀田製菓 (2220) 例年6月は下がりやすい傾向 = フェアトレード 西村 剛

例年6月は下がりやすい傾向
■注目銘柄
亀田製菓 (2220)

■注目理由
同社は、米菓業界首位。「柿の種」や「ハッピーターン」で有名。過去のデータでは、6月売りの勝率は、10勝3敗の76.9%となっており、6月は下がりやすい傾向がある。株価を見ると、5月8日の本決算発表後、業績内容を好感して株価は大きく上昇するも、5月23日に相場全体の急落に連動して株価は、上昇トレンドが展開した可能性が高いだろう。今期は営業利益を前年比+14%増を見込むなど業績は好調であり、株価上昇が期待できるが、短期的には株価材料も少なく下落する可能性があると判断した。

過去の検証結果は以下の通りです。
--------------------------------------
勝率:76.92%
平均損益(率):1.67%
平均利益(率):3.19%
平均損失(率):-3.43%
--------------------------------------