セルシードが大幅続伸、上皮系細胞の新規培養方法に関する特許成立発表を好感

 セルシード<7776.OS>が大幅続伸。28日の取引終了後に、同社のUpCell製品シリーズの次世代技術の一つである「密閉系細胞培養容器による上皮系細胞の新規培養方法」に関する基本特許が、日本で成立する見込みとなったと発表したことを好感している。
 「UpCell」は細胞シート再生医療製品を作成するうえで不可欠な細胞培養器材で、今回の特許では、その発展形のガス透過膜で密閉されたコンパクトなカートリッジタイプの温度応答性細胞培養器材の「密閉系温度応答性細胞培養容器」を用いた新規培養方法であるという。現在、細胞培養で用いられる培養機材は、培養容器に蓋があるものの、容器内部が外気と遮断されていない「開放型」だが、密閉系細胞培養容器は自動培養装置などの機器類に装着して細胞を安全・大量に培養したり、細胞を容器ごと遠方に運搬したりする場合に便利な構造となっているという。
 なお、これによる13年12月期業績に与える影響は軽微としている。

セルシードの株価は9時15分現在3030円(△177円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)