森下仁丹が反発、「ザクロエキス」の研究成果に関心

 森下仁丹<4524.T>が反発。独自の機能性食品素材「ザクロエキス」の機能性、「抗糖化作用」「抗アレルギー作用」に関する大学との共同研究成果について、24日から26日まで開催された「第67回日本栄養・食糧学会大会」で発表しており、地合いの好転と共に研究成果への評価が高まっている。同社では、古くから食用果実として利用されているザクロに注目しタンパク質の糖による変性を抑制する抗糖化作用、ビフィズス菌の生存を維持させるプレバイオ作用、長寿遺伝子として知られるサーチュイン遺伝子活性化作用などを明らかにしている。今回、大学との共同研究により、動物実験で抗糖化作用を確認し、さらに、新たな機能性としてアレルギー軽減作用を明らかにしている。

森下仁丹の株価は9時43分現在766円(△39円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)