トヨタが売買高トップで続伸、円安と米景気回復期待で買い戻し継続

 トヨタ自動車<7203.T>が続伸。前日急反発で6000円台を回復したが、きょうも買い戻しが継続。売買代金は9時30分現在東証1部で断トツとなっており、市場の注目度の高さを物語っている。為替市場の円安と米景気回復による北米自動車販売の増勢を期待する買いが優勢だ。為替市場では足もと1ドル=102円台前半の推移にあり、同社は対ドル1円の上下動により営業利益段階で約350億円の変動が試算されるだけに、円安による輸出採算の改善期待が大きい。

トヨタの株価は9時41分現在6250円(△40円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)