NECが買い先行スタート、ロシアの大手携帯電話事業者メガフォンへ光波長分割多重伝送装置を納入

 NEC<6701.T>が買い先行でスタートした。前日までの急落の反動で買い戻しが入っており、28日にロシアの大手携帯電話事業者メガフォンへ都市内ネットワークで利用するトランスモード社製の光波長分割多重伝送(WDM)装置を納入したと発表したことが支援材料になった。メガフォンは現在、ロシアの8地域でLTEサービスを提供しており、システムは8地域のうち、モスクワ市、カフカス、中央、ボルガ、ウラル、極東各支社の6地域へ納入、今後、シベリア、北西部の残りの2地域にも納入を予定している。

NECの株価は9時50分現在252円(△2円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)