ケネディクスは深押しの反動高が継続

 ケネディクス<4321.T>が3日続伸。きょうは大手不動産株など戻り売りに押されているが、個人の売買占有率の高い同社株は高値から深押ししていただけにリバウンド期待を背景とした買いが継続している。ここ長期金利の上昇傾向が強まる中で調達コストの増加を嫌気してきつい下げを余儀なくされ、4月9日の年初来高値8万4900円から直近安値の4万4500円まで47.5%の大幅下落となっていた。「目先は信用取引の追い証発生による投げも一巡したことで下値抵抗力を発揮、値ごろ感からの押し目買いを誘っている」(国内証券)状況にある。

ケネディクスの株価は10時4分現在5万3800円(△1800円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)