【買い】三井住友FG(8316)新興国での成長に期待=フェアトレード平山修司

中期経営計画の締めくくりの年
■注目銘柄
8316 三井住友FG

■注目理由■
三井住友銀行、SMBC日興証券、三井住友ファイナンス&リース、プロミスなどを傘下に持つ。5月15日に発表した平成25年3月期の経常収益は4,326,424百万円(前年同期比9.7%増)、純利益794,059百万円(前年同期比53.1%増)となった。SMBCの増益に加えて、コンシューマーファイナンス各社が全社黒字化するなど、グループ各社が好調に推移したことが増益要因。しかし、昨年11月より継続していた上昇トレンドが5月に風向きが大きく変わった。5月に株式市場のボラティリティが高まり、株価の下落に合わせて、更に投げ売りが多く出た。5月23日の大幅下落により、デットクロスを形成。短期的に見ると株価が下落する場面も考えられるが、同社の株価は6月に上昇する傾向が高かったため、6月は同行の株価上昇に期待している。

過去のシュミレーション結果は以下の通りです。
------------------------------
勝率:70.00%
勝ち数:7回
負け数:3回
引け分け数:1回
------------------------------