ネットワン反落、いちよしはフェアバリューを960円に引き下げ

 ネットワンシステムズ<7518.T>が反落、いちよし経済研究所が28日付のリポートで投資判断「B」を継続、フェアバリューを従来の1000円から960円に引き下げた。
 リポートでは「当研究所では14年3月期の連結業績を売上高1620億円(前期比4%増)、営業利益105億円(同24%増)と予想し、営業利益は会社計画(110億円)をやや下回るとみている。13年3月期上期(4~9月)に発覚した機器不具合によりSP(通信事業者・インターネットサービスプロバイダー)案件がストップした反動減で、14年3月期上期のSP売上は前年同期を下回って推移する。13年3月期は外注要員の品質管理に苦戦し、外注費が会社計画を超過した。14年3月期に入り、当該課題が解消されると考えづらいため、保守的にみている」としている。

ネットワンの株価は10時55分現在847円(▼13円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)