フロイントが続伸、業績好調で見直し買い継続

 フロイント産業<6312.OS>が続伸。押し目買いに切り返しを鮮明としている。同社は製薬会社向けに造粒・コーティング装置を手掛けており、国策を背景としたジェネリックメーカーの設備投資需要を取り込むなど収益環境は追い風が強い。また、生産設備の近代化に動き出す新興国が同社の収益チャンスを広げている。14年2月期は、自動糖衣フィルムコーティング装置が業績に貢献、営業利益は前期比2割増となる17億5000万円の見通しだが、なお増額含み。また、毎期増配を繰り返し、今期は前期比5円増配の年25円を見込んでいることも評価材料となる。

フロイントの株価は11時1分現在2019円(△92円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)