日本車両が大幅高、インド高速鉄道で大型受注期待高まる

 日本車両製造<7102.T>が大幅高、前日比59円高の599円まで上昇した。29日付の日本経済新聞が「安倍晋三首相とインドのシン首相は、ムンバイと工業都市アーメダバード間の高速鉄道計画の安全性や価格の共同調査に入ることで合意へ」と報じたことで、買い気が盛り上がった。安倍首相は円借款1017億円の供与も表明しており、事実上、候補が日本に絞られ、新幹線受注に大きく前進すると伝えており、高速車両の大型受注獲得へ期待が高まった。同社は鉄道車両最大手で東海道新幹線700系、N700系車両で5割以上の納入シェアを占める。

日車輌の株価は11時30分現在576円(△36円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)