リブセンスなど求人情報関連が高い、ハローワーク求人情報開放で利用者増加に期待

 リブセンス<6054.T>、エン・ジャパン<4849.OS>、ディップ<2379.T>など求人情報関連が軒並み高となっている。きょう付の日本経済新聞で、政府のまとめた向こう5年間の成長戦略の工程表の一環として、「国が運営するハローワークの求人情報を14年度からオンライン上で民間企業に開放する」と報じていることを材料視。ハローワークの情報開放で、求人情報関連各社は利用者の増加が期待でき、収益拡大にも期待が持たれている。また、パソナグループ<2168.T>など人材紹介・派遣各社も事業機会拡大が期待できるとみた買いが入っている。

リブセンスの株価は11時30分現在8250円(△340円)
エンJの株価は11時30分現在18万1700円(△1万300円)
ディップの株価は11時30分現在467円(△31円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)