<話題の焦点>=「ご飯」関連あつあつ、小麦価格上昇で需要拡大の兆し

 円安の影響で輸入小麦の政府売り渡し価格が4月から平均9.7%引き上げられた。これを受けて小麦粉価格も上昇しており、さらに山崎製パン<2212.T>ではパンの出荷価格を約2年ぶりに引き上げるなど様々なところで値上げが相次いでいる。

 こうした中、注目されているのが「ご飯」だ。小麦製品の値上がりでコメの価格に相対的な値頃感が生じており、需要拡大も見込まれる。総務省の家計調査(2人以上の世帯)でも2011年の支出額でコメはパンに逆転されたが、昨年後半以降はパンを上回る月が増えている。こうした流れを受けた「ご飯」の需要拡大を見込んで、関連する各社が商品の拡充を図り始めており、業績への影響も期待できよう。

 特に、異業種からの参入も注目される。「ご飯」の関連商品といえば筆頭格はふりかけだろうが、森永乳業<2264.T>は昨年9月、ご飯にふりかけるだけで、ドリアのような味わいになる「クラフト チーズでごはん!?」を発売、これが計画を上回る伸びとなっている。ライバルの雪印メグミルク<2270.T>も同様の商品を3月に発売しており、このことからも「ご飯」関連が熱いことがみてとれよう。

◆主なご飯のおとも関連銘柄
森永乳業<2264.T>    「クラフト チーズでごはん!?」がヒット
雪印メグミルク<2270.T> 「Cheese de こめるんパッ!」シリーズを発売
ハウス食品<2810.T>   「バーモントカレー」は発売50周年
永谷園<2899.T>     健康志向のお茶づけ・ふりかけで活性化狙う
大森屋<2917.T>     ふりかけ、のりなど展開、原料のり安で恩恵も
壱番屋<7630.T>     朝カレーセットが人気に、レトルトなども展開

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)