<市場の話題> 「先物、オプションは怖い…」という方に、各種ETFでの対応も

 先週からボラティリティの高い動きが続いている。下落相場へのヘッジとして、日経平均先物、日経225オプションでのリスクヘッジを唱える関係者は多い。半面、高いレバレッジ効果から、リスクヘッジのつもりで対応したにも関わらず、逆に大きく損失を出してしまうケースも報告されている。
 「先物、オプションは怖い…」。そういった向きには、先物・オプションに比較して値動きがマイルドな各種EFTが最適かもしれない。例えばTOPIXベア上場投信<1569.T>。TOPIXが下落すれば上昇し、上昇すれば下落する商品。市場全体が下がると思う時に購入することで、相応のリスクヘッジができる。上昇すると思えば売りを建てても良い。 
 他に、相場全般が下落すると上昇するものとしてはNF日経インバースETF<1571.OS>、日経平均ベア<1580.T>などがある。その他、日経平均の値動きの2倍のパフォーマンスがあるNF日経平均レバレッジETF<1570.OS>がある。まだまだ動きの激しい相場展開が予測されるなか、有効なリスクヘッジ手法として活用してみたいところだ。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)