出光興産が続伸、割安・好需給背景に下値切り上がり週足MACDはGC示現

 出光興産<5019.T>が続伸。5月22日に年初来高値9220円を示現、以降は調整場面となっているものの、25日線で下げ渋る展開。週足では26週線を支持線に下値を切り上げる相場つきにあり、今週の下げ渋りもあって、MACDではゴールデンクロスを示現するなど切り返しシグナルを発している。14年3月期連結業績は、資源部門が低調で2ケタ営業減益見通しながら、時価近辺はPER6倍台、PBR0.5倍台と割安な水準。厚みはないものの、信用倍率は0.3倍台となっていることもあり、割安・好需給が下値を切り上げる背景となっている模様だ。

出光興産の株価は13時5分現在8640円(△90円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)