ダイハツが年初来高値、インドネシアのエコカー政策実施報道が手掛かり

 ダイハツ工業<7262.T>が続騰、寄り付き直後に前日比117円高の2300円まで買い進まれ、年初来高値を更新した。地合い好転で輸出株が買い直されるなか、海外メディアなどが「インドネシアで初めてとなるエコカー政策が間もなく実施される見通し」と報じたことが手掛かりになった。主力車種の「ミラ」は業界最高レベルの低燃費を実現しており、新型車投入への期待が買い気を盛り上げている。

ダイハツの株価は13時37分現在2253円(△70円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)