三井不など大手不動産株安い、長期金利上昇を懸念し波動転換も

 三井不動産<8801.T>など大手不動産株が大きく値を下げている。ここ長期金利の上昇懸念を嫌気する形で軟調な動きを続けていたが、きょうは全体相場が大きく売りに傾く中で見切り売りが加速した。同社株は直近13週移動平均線を年初以降の相場で初めて下回ってきており、中期上昇トレンドの転換も意識されるところで警戒感が強まっている。

三井不の株価は9時23分現在2859円(▼126円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)