川重が安寄り後プラスに転じる、油圧機器事業の収益改善報道を好感

 川崎重工業<7012.T>が安寄り後プラスに転じた。30日付の日本経済新聞が「14年3月期は油圧機器事業の連結営業利益が前期比5割増の110億円前後になりそうだ」と報じたことが好感されている。建設機械向けの需要が中国で底入れし、在庫調整が進むと伝えている。また、前日に船舶推進システム向けに世界最高性能の3メガワット超電導モータを開発したと発表したことも材料視された。LNG輸送船などの一般商船を含め、高出力でエネルギー効率の高い電気推進システム値のニーズが高まるなか、開発を進めてきた新技術で、モータ単位体積あたりの出力を示す出力密度は世界最高を達成、約20%の燃料低減を可能にしている。

川重の株価は9時32分現在364円(△2円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)