ブロードメディアが続落、信用取引規制を嫌気

 ブロードメディア<4347.OS>が続落。大阪証券取引所が30日売買分から信用取引の委託保証金率を現行50%以上から70%以上(うち現金40%以上)に、同じく大阪証券金融が貸借取引自己取引分などの銘柄別増担保金徴収率を50%から70%(同40%)に引き上げており、信用取引規制による流動性の低下などが懸念されているようだ。

ブロードメディアの株価は10時31分現在505円(▼19円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)