午前:債券サマリー 先物は上昇、株安・円高で買い先行

 30日午前の債券市場では、先物中心限月6月限は上昇。株安・円高の進行で債券には買い物が流入している。
 債券先物は142円03銭でスタートし、一時前日比58銭高の142円16銭まで上昇した。前日のニューヨーク市場で米10年債の利回りは低下したほか、この日の株安・円高で下値には買いが流入した。29日の日銀と市場参加者との会合で、日銀による長期国債買い入れの頻度を高める方針が打ち出されたことも安心感を生んだ。
 午前11時の先物6月限の前場終値は前日比39銭高の141円97銭。出来高1兆4958億円。10年債の利回りは同0.040%低下の0.900%、20年債は同0.015%低下の1.680%だった。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)