大阪株式(前引け)=修正平均は急落

 30日前引けの大阪株式市場は修正平均で前日比366円91銭安の2万3148円18銭と急落。
 日金銭、ダイビル、古野電気、名村造が反落となり、森精機や穴吹興産、京阪神ビルなども軟調。半面、サカイ引越が続急伸、日本電産が3日続伸となり、任天堂やロート製薬なども高い。
 2部修正平均も前日比49円71銭安の5065円66銭と反落。
 イトーヨーギョーが反落となり、タカトリ、朝日放送、ニチリン、ダイサンなども軟調。半面、Jトラストが3日続伸、ダイヤモンド電機、加地テック、上村工業も高い。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)