30日前場の主要ヘッドライン

・ULSグループが大幅続伸、1対100株の株式分割と実質増配の発表を好感
・巴工業が大幅反落、13年10月期業績予想の下方修正を嫌気
・内田洋が反落、大都市圏以外の需要減少など影響し13年7月期業績予想を下方修正
・三井不など大手不動産株安い、長期金利上昇を懸念し波動転換も
・プラネットが急伸、13年7月期業績予想の増額修正を好感
・セキュアヴェイルが急反発、セキュリティ対策強化の動きで関心
・イメージワンがS高カイ気配、米ファンド大量保有で需給思惑働く
・コスモバイオ、PSS、MDNTなどリプロセル関連への物色続く
・洋エンジが上伸、ブラジルの水素製造設備受注を好感
・海運株が安い、商船三井は25日線下抜ける形に

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)