石油資源は軟調、シティ証が目標株価を4900円に引き上げ

 石油資源開発<1662.T>が軟調。シティグループ証券は29日付のリポートで株価判断を「2」を据え置き、目標株価を従来の4000円から4900円に引き上げた。
 リポートでは「引き上げの要因となった国内不採算取引の縮小、計画上振れ余地の大きさ、前年度末の保有金融資産の高さ(約4700円/株)は評価できる。国内天然ガス販売などの収益性は、料金見直しなどで改善が進んでいる。株価は保有する国際石油開発帝石(INPEX)株式の価値に左右される状況だが、INPEX株が豪州イクシスプロジェクトの進捗などを好感して上昇すると想定する。14年3月期以降はカナダのオイルサンドに関するロイヤリティの軽減、減価償却費の減少などは増益要因となる見込み」としている。

石油資源の株価は12時33分現在4395円(▼35円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)