野村HDなど安い、全体波乱相場で個人投資家に陰り

 野村ホールディングス<8604.T>をはじめ証券株が安い。全般相場の波乱が続く中、個人投資家資金にも一部手仕舞いの動きが出ており、地合いの悪化が売りを誘発している。また、足もとはヘッジファンドの売りなども絡め海外投資家の動きの鈍化が観測されていることも嫌気されている。売買代金は前日まで16日連続で3兆円以上をキープしているものの、ここにきてやや減少傾向にあり、活況相場の反動が意識されているようだ。

野村HDの株価は13時4分現在819円(▼24円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)