昭和電線HDが底堅い、今期リストラ効果で黒字化見込む

 昭和電線ホールディングス<5805.T>が低位株の強みを発揮して底堅い。一時買い優勢となり100円台回復する場面もあった。同社は生産設備などに約5億円を投じ、メガソーラーの送電向けケーブルやブレーカーの販売への展開が伝えられており、これが株価の刺激材料となっている。また、巨大地震への警戒が国家レベルで強まる中で、免震装置では国内2位のシェアを有していることも人気化素地につながる可能性がある。業績は13年3月期に事業リストラを完了、年間約14億円のコスト削減効果を見込んでいることから、14年3月期最終損益は黒字化が見込まれている。

昭和電線の株価は13時7分現在93円(△1円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)