日経平均株価は下落幅が500円を超える、一時1万3800円を割り込む

 30日後場寄り付きの東京株式市場では、日経平均株価が一段安となり、前日比500円を超える下落幅となっている。日経平均株価は一時、1万3800円台を割り込む場面もあった。株価指数先物主導で一部に仕掛け的な売りも出ているようだ。ファーストリテイリング<9983.T>、ファナック<6954.T>など日経平均株価への寄与度の高い銘柄の下落が目立っている。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)