荏原が続落、東海東京では投資判断「3」から「2」へ

 荏原<6361.T>が続落。この日は東海東京証券が投資判断を「3」から「2」へ引き上げたことが観測されている。新興国で肥料プラント向けポンプ、北米シェールガス関連でコンプレッサーなどの需要が増加。CMP(化学的機械研磨装置)も14年3月期の受注高は会社計画を上回る見通しとして、14年3期に前期比16.1%経常増益(会社計画は同9.1%増)、15年3期は同15.1%増益と予想している。

荏原の株価は13時22分現在535円(▼5円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)