豊田通商が大幅安、インドネシア自動車部品メーカーへ出資発表も反応なし

 豊田通商<8015.T>が大幅安、後場に入って前日比146円安の2702円まで売り込まれ、その後も今日の安値圏で推移している。29日にインドネシア自動車部品メーカーのアストラオートパーツに出資、現地の供給体制を強化すると発表したが反応はない。22日に年初来高値3175円を付けてからの下落過程で信用買い残が増加するなど、需給が重荷になっており、きょうの下げで25日移動平均を割り込み調整色が強まった。アストラオートパーツへの出資額は約8860億ルピア、約93億円で、豊田通商はアストラオートパーツの発行済み株式4.9%を取得する。

豊田通商の株価は13時45分現在2722円(▼126円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)