アマダが反落、シティ証券では目標株価900円に引き上げ

 アマダ<6113.T>が反落。この日はシティ証券が投資判断「1」を継続し、目標株価を800円から900円に引き上げたことが観測されているが、全般安に逆らえず下落している。同証券によると、板金加工機の国内トップメーカーである同社には、(特に対ユーロでの)円安と、国内製造業全般、とりわけ中小企業の見通し好転が強い追い風になると指摘。アベノミクスの効果は国内受注の拡大という形ではまだ具体化しておらず、4月の受注高はがっかりするほど低調だったが、強気姿勢で買い推奨を維持するのが正しいと判断したとしている。

アマダの株価は14時21分現在741円(▼46円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)