日金銭が反落、調整色強まり投げ売りも

 日本金銭機械<6418.OS>が反落。24日のザラ場安値1284円を当面の底に前日まで続伸したが、相場全体の地合いが急速に悪化したことで、再び売りが優勢になっている。主力の紙幣識別機ユニットが好調で業績は拡大が続き、カジノ合法化によるビジネスチャンス拡大へ期待が強かっただけに、押し目は拾われてきたが、きょうの下げで調整色が強まり、投げ売りが出ているようだ。

日金銭機械の株価は15時1分現在1361円(▼104円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)