今夜の注目材料は?

今夜の注目材料は?
東京市場のドル/円相場は株価を睨みながら乱高下となりました。欧州市場序盤に入ると一時100.40円台まで値を下げる様子も見られています。この後の動きについて、予定されている経済イベントを確認しながら考えてみましょう。

5/30(木)
18:00  (伊) 国債入札
18:30  (南ア) 4月生産者物価指数
21:30☆(米) 5/25までの週の新規失業保険申請件数
21:30 (米) 第1四半期GDP・改定値
21:30 (加) 第1四半期経常収支
23:00☆(米) 4月中古住宅販売成約
26:00  (米) 7年債(290億ドル)入札
※☆は特に注目の材料

複数の経済イベントがありますが、足元の為替相場が株価の動きに連動し、ほとんど独自の材料では動かなくなっている様子を見ると、やはり引き続き主要国株価の値動きが最も注目度が高いと言えます。

ただ、今夜の米国は主要経済指標が複数発表される予定のため、そのタイミングでは欧米株が動く可能性が有ります。そうなれば、円相場にも影響が及ぶと考えられるため、要注意です。