コシダカHDが13年8月期業績予想を下方修正、カラオケ既存店が停滞

 コシダカホールディングス<2157.OS>がこの日の取引終了後、13年8月期の連結業績見通しを、従来予想の売上高359億5400万円、経常利益49億8500万円から、売上高342億5900万円(前期比1.5%増)、経常利益42億1700万円(同3.0%増)に下方修正した。
 第3四半期に入り新規事業の温浴事業が計画を下回ったほか、カラオケ事業で既存店業績が停滞していることが要因。また、新規出店が当初計画を上回るペースで進んでいることから、新店開業関連費用が増加していることも収益を圧迫するとしている。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)