花王が堅調、自社株消却を評価した買い

 花王<4452.T>が高い。同社は30日、自社株1021万2501株を6月19日に消却することを発表、これによる株式価値の向上と株式需給改善を評価した買いが優勢となっている。消却は発行済み株式総数の約2%に相当、消却後の発行株数は5億1600万株となる。業績も好調で、中期経営計画では16年3月期に営業利益1500億円(今12月期は1160億円予想)を目指すなど積極的だ。

花王の株価は10時8分現在3235円(△50円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)