大阪株式(前引け)=修正平均は反発

 31日前引けの大阪株式市場は修正平均で前日比76円90銭高の2万2813円97銭と反発。
 大真空が3日続伸、きんでん、ダイビル、穴吹興産、ローランド、森精機なども反発。半面、任天堂や西尾レント、小野薬、TOWA、参天薬などは軟調。
 2部修正平均も前日比48円02銭高の5071円48銭と反発。
 ササクラが年初来高値を更新、マーチャントや原弘産、ハナテンなどが反発している。半面、Jトラストが続落、前田金属、ニチリン、瑞光などは軟調。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)