◎31日前場の主要ヘッドライン

・コシダカHDがS安、カラオケ既存店停滞で13年8月期業績を下方修正
・JUKIが急騰、ソニーとの産業装置分野提携を材料視
・東洋製はストップ高カイ気配、三菱重がTOB実施
・花王が堅調、自社株消却を評価した買い
・ケネディクスが急反発、債券市場の落ち着き映して買い戻し優勢に
・神鋼環境がS高カイ気配、体内に油脂を多く含むミドリムシ発見と発表
・アイティメディアがストップ高、初配当実施を好感
・コスモバイオS高、PSS6連騰とリプロセル関連への物色続く
・ガンホーなどにMSCIリバランス需要、きょう引け値で反映
・群栄化が3連騰、パルステック5連騰と3Dプリンター関連の上昇続く

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)