ササクラ大幅高で年初来高値、アフリカ投資活発化で海水淡水化装置に期待感

 ササクラ<6303.OS>が反発、年初来高値を更新した。あす6月1日から横浜市で「第5回アフリカ開発会議(TICAD5)」開催されることから、アフリカ投資の活発化から、渇水対策で海水淡水化装置のニーズが急増するとの期待が高まっている。経済発展には安定した「水」の確保が必要不可欠だが、アフリカは他の新興地域以上に「水」の確保が困難であり、海外で海水淡水化装置を手掛ける同社へのビジネスチャンスが広がるところだ。

ササクラの株価は13時18分現在730円(△30円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)