【買い】日経225連動型上場投資信託 (1321) 6月は上がりやすい傾向 = フェアトレード 西村 剛

6月は上がりやすい傾向
■注目銘柄
日経225連動型上場投資信託 (1321)

■注目理由
同証券は、日経平均株価への連動を目指す上場ETF。6月の株式市場は、例年上がりやすい傾向がある。6月が上昇しやすい傾向の月である要因には、5月に売りが優勢になりやすいことが挙げられる。5月は、企業の保守的な決算発表によって、投資家の失望売りが出やすく、6月は、その反動で売られた株式の買い戻しが行われるため、一転して株価が上昇しやすい傾向があります。2013年5月は、日経平均が大きく下落し、その後も売り買いが交錯するボラティリティの高い相場が続きました。6月は、売りが一巡し、再度上昇に転じる可能性が高いと判断した。

過去の検証結果は以下の通りです。
--------------------------------------
勝率:70%
平均損益(率):0.31%
平均利益(率):3.15%
平均損失(率):-6.2%
--------------------------------------