【売り】日本ビルファンド投資法人 投資証券 (8951) 長期金利上昇により、不動産関連株は苦しい展開が続く = フェアトレード 西村 剛

長期金利上昇により、不動産関連株は苦しい展開が続く
■注目銘柄
日本ビルファンド投資法人 投資証券 (8951)

■注目理由
同証券は、東京および地方主要都市のオフィスビルを運営。同証券は、決算期が6月であり、月末に配当権利が確定する。そのため、権利確定日までは株価が上昇しやすいが、確定日が近づくにつれて、株価は下落する可能性が高いと判断した。また、長期金利が上昇していることで、不動産関連株から急速に資金が流出していることも悪材料。長期的には、アベノミクス政策の恩恵を受ける企業であり株価上昇が期待できるが、短期的には、新たな材料が出にくい展開が予想される。6月は、調整局面となる可能性があると判断した。

過去の検証結果は以下の通りです。
--------------------------------------
勝率:72.73%
平均損益(率):2.18%
平均利益(率):4.67%
平均損失(率):-4.48%
--------------------------------------