日駐が13年7月期増配を発表、営業利益は減額

 日本駐車場開発<2353.T>が31日、13年7月期の連結業績予想の修正を発表した。売上高は従来予想の137億5000万円から135億1000万円、営業利益は23億2000万円から21億円に減額した。経常利益と最終利益については従来予想からの変更はなく、それぞれ22億7500万円、14億円を見込んでいる。上期に予定していた大型新規契約の一部が下期にずれ込んだことや、不動産市況の回復でビルの建替えやテナント利用の増加などによる物件の解約が想定を上回り、売り上げ減少要因となった。営業利益については今期に過去最高を見込んでいるが、売上高が計画に未達だったことや、販管費の増加が従来予想からの減額につながっている。
 なお、年間配当(期末一括)は従来予想200円から250円に50円上乗せしている。また、同社は同日、14年1月末の株主を対象に1株を100株にする株式分割と、14年2月3日をもって1単元を100株とする単元株制度を採用することも発表した。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)