サトRSがフーズネットを子会社化

 サトレストランシステムズ<8163.OS>はこの日大引け後にフーズネット(京都市右京区)の発行済株式を100%取得し、完全子会社化することを発表した。フーズネットは関西地区を中心に直営による回転寿司チェーン「にぎり長次郎」の経営ならびに、フランチャイズによる宅配寿司チェーン「都人」の経営を行っている。一方、サトレストランは関西地区で旬の素材を活かした鍋物・寿司主体の和食レストラン「すし半」を経営、一部の店舗では宅配寿司も運営していることから、フーズネットの子会社化により、ボリュームメリットを活かした購買力の向上をはじめとした各種コスト削減を実現、両社のノウハウや人材の共有、ブランドの更なる強化などを図る方針。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)