調整色は強まる

SQ意識した流れが本格化
月曜日の安寄りは濃厚。位置的には13500辺りとなるので、SQを意識した流れから、強弱が時間枠を変えて出たり入ったりしやすい相場と見ています。為替も目先は円高基調になっているので、さらに進むようならば大きな崩れになりそうです。ドルが戻すような展開が日中に見られれば金曜日の水準には戻っていく事となります。寄り付きの窓をどの程度埋めに来るのかですが、ある程度は埋める方向で見ておきたいと思っています。落しどころ13630辺りでの愚図りも想定しながら、短期トレードでは各ポイントに向かう動きを狙えればよいのではないでしょうか?ドル円再度100円割れならば、もうひとつ違う水準に下飛びしますので、長期的にはホールドであっても、短期的には売り目線で見ていくべきと考えます。